ミサンガの作り方(2)

ミサンガのつくり方を紹介します。
ミサンガといっても色々なタイプがありますね。
ミサンガを作るのに、刺繍を編んで様々な模様を作ったりすると楽しいですよね。
でもミサンガを編んでつる作り方実際どうすれば良いのかなかなか分からないですよね。あなたの願いを詰め込んで編んだミサンガをつければ効果倍増なんてこともありそうです。

ミサンガの作り方なんですが、どうしても言葉だけでは上手く伝えられないので、写真付きの本を参考にしてください。


かんたんミサンガ
(「MARC」データベースより)
サッカーワールドカップ出場主要国、Jリーグ全チーム、プロ野球全球団をイメージしたスポーツ好きにうれしいミサンガの作り方を紹介。ボーダーや斜めストライプ、ジグザグ模様、ビーズ入りミサンガなども掲載。
単行本: 80ページ
出版社: ブティック社 (2006/05)


はじめて作る刺しゅう糸とビーズのプロミスリング
大人気の刺しゅう糸シリーズとビーズシリーズをまとめた充実の一冊。全207デザインを紹介。
(「BOOK」データベースより)
アイデアいろいろ、楽しいアクセサリー217デザイン。超カンタン!初めての人でもOK。作り方がすぐわかるプロセスつき。
単行本(ソフトカバー): 51ページ
出版社: 日本ヴォーグ社; 増補改訂版版 (1999/03)


みんなで作ろうプロミスリング―ミサンガ
(「MARC」データベースより)
南米や欧州のサッカー選手がチームの勝利を願って身につけることで知られる「プロミスリング」=「ミサンガ」。勝利を祈る世界のサポーターミサンガから新定番のもの、おしゃれでかわいいビーズブレスなどの作り方を紹介。

単行本: 50ページ
出版社: 日本ヴォーグ社 (2002/04)


まだいろんなミサンガの作り方の本はありますので、楽天やアマゾンで探してみてください。
ミサンガの作り方の紹介の手抜きと思われるかもしれませんが、中途半端なものを説明するよりも、詳しいミサンガの作り方の写真が載っているほうが分かりやすいと判断しましたので、御了承くださいね。

ミサンガの作り方の前にミサンガとは

ミサンガを作り方を学ぶ前に、ミサンガの基本的なことを少しだけまとめておきます。
やはりミサンガが一般に認知されたのは、日本でプロサッカーリーグが立ち上がってからですよね。
なぜかそのころから、ミサンガと言う言葉や、ミサンガの作り方なんて言葉を聞く様になりました。
どうやら、ミサンガの作り方が流行りだしたのは、海外のサッカーリーグなどが注目されるようになりアメリカやヨーロッパのサッカー選手がチームの勝利を願って身につけていたものが注目されて流行が始まったようですね。
最初は、ミサンガの作り方なんかは、サッカーファンやサッカー選手の間からどんどん広がっていったんですね。
ミサンガをずっと着けていて、その紐が切れると願いが叶うといわれていますが、ミサンガの紐が本当に自然に切れるまでつけていた人はどのくらいいるのでしょうか。
ミサンガの作り方の中には、たぶん弱い糸で作りましょうなんて項目は無いだろうし・・。
ミサンガはすでにファッションアイテムの一つとして認識されていると思います。

ミサンガという言葉はポルトガル語ですが、もともとの意味はビーズ(チェーン)なので、日本でのイメージである紐で出来たリングだけを指しているわけではないんですね。
また、ミサンガのことを、プロミスリングとも呼ぶこともあり、手芸の組み紐の一種でもあります。ミサンガの作り方は刺繍糸を何本もあわせて編み、模様をつけるということになります。